NOTE / 2005年5月

「ロイド」第3話「龍の洞窟」27~28頁目アップ

ロイド。1コマ目からさっそく「お約束」の攻撃パターンが…(^^;。

これは息子の「ドラゴン型のロボット出すなら、これだけは絶対やってね!」との熱い要望で実現しました。そうだよね、ゴジラだってやってるし、メカゴジラだってやってたし、やっぱりコレでなきゃねえ(笑)。自分のデザインしたロボットが思い描いていた攻撃をやってくれるのを見るのはまさに「少年の夢」ではないかと思います。ここでは大人の理屈は挟まず、その「夢」の部分を大切にしながら描いていきたいです。

「ロイド」第3話「龍の洞窟」25~26頁目アップ

お待たせでした。ついに今回のメインゲスト様がご登場!? メカデザイン担当は2話のスパイダーに引き続き、Q。次週からは更に色々な角度からその全貌をご披露いただけるものと思います。

…というか、描けないよ~こんなのー(泣)。でも頑張らねばっ。これからしばらくの間はただもうひたすらアクション、アクション、アクション!な展開になっていくと思います。自分でもひいいぃィ~。

「ロイド」第3話「龍の洞窟」23~24頁目アップ

ロイド。23頁目はできれば22頁から続けて読んでほしかったシーンなのですが、途切れ方がちょっと中途半端だったですね。彼女の表情の意味、伝わるでしょうか。

さて、来週はついに…?

「ロイド」第3話「龍の洞窟」21~22頁目アップ

「龍(ドラゴン)に供え物をしないと暴れられる」という設定はQの発案&要望です。私から見れば昔からよくある定番&黄金パターンなんですが、息子からしてみれば、意外にまだこういう話に触れたことがそんなにないんですね。だったら正面から王道パターンに挑んで、なおかつその中でどれだけオリジナリティを出せるか挑戦してみようかと。

ロイドは息子との共同作なので、このような「与えられた設定」の中で物語の構成を考えなければいけないという「縛り」があります。でもそこが難しくもあり、挑戦のしがいがあって面白いところでもあります。

<追記>
更新する時、間違えて漫画の部屋のindex.htmにトップ頁を上書きしてしまってたあ~、びっくりされた方がおられましたらごめんなさい(^^;。今は直ってます。

« 2005年4月 | 2005年6月 »

閉じる

頁トップへ▲