NOTE / 2005年8月

ペインター9.1

ペインターの9.1アップデータが出ていたので、アップデートしました。いや、実は1ヶ月前から出てたらしいですが、グズグズしてる間にアップデータの更に修正版が出てたもようで、まあよかったんじゃないかと(^^;。とりあえずこちらで書いたキャパスサイズのバグは直ってるようです。

050827.jpg

確認ついでに落書き。イメージホースやパターンペンだけで、こんなのが出来ちゃいます。樹木ブラシって線引くだけで勝手に樹が描けちゃうんですよな~。面白すぎ。

「ロイド」第3話「龍の洞窟」53~54-55頁目アップ

すみません~、エクダの泉、ロイド1話タイトル頁に引き続き、またやってしまいました~! 54-55頁はできるだけ画面を最大にして見てやって下さい~。幅1000ピクセル以内なら横スクロールは出ないと思いますが、出る環境の方がおられたら申し訳ありません…。

こういう背景を描くのは好きです。時間かかりますが…。理想は映画を見てるような臨場感を出せることなんですが、相変わらず誰も見たことの無いモノばかりに挑戦してるんで難しいです…。精進あるのみッ。

「ロイド」第3話「龍の洞窟」51~52頁目アップ

ロイドにも動きが。こういうシーンは本当なら言葉(台詞)で説明するのではなく、絵だけで状況説明できるようにならなければいけないんですが、なかなかそこまでの画力がないのが辛いところです。
とはいえ、こんなシーン、日常的にはないし、参考に出来るような資料もないので、それっぽく見せられる想像力も要るんだろうなと…。精進します。

発表済み&連載中の作品に修正を

…することが時々あります(汗)。

連載が始まった時点ではネームは確定しているので、もう修正はないはずなんですが、それでも後から読み返して説明不足に気付いたりすることがあります。
ロイド3話でもラストのネームがちょっと消化不良気味か?と思うところがあったので、昨日見直しと修正をやってました。まだ未発表の部分でよかった~。

ついでに前から気になっていた1話の3頁目左下回想部分のコマ修正もやっておきました。

050816.gif

このコマに描いてあるのは主人公の父親の親友が乗っていた宇宙船なんですが、これだけでは分かりにくいかもしれないので、角を丸くすることで回想シーンなのだと分かるようにしてみました。
作者の頭の中では分かっていても、それが読者に伝わらなければ独りよがりな作品になってしまいます。注意してても気持ちが慣れるとついうっかりやっちゃうことがあります。反省&精進。

「読者に分かるように描く」、漫画描きの基本中の基本ですよね。

「ロイド」第3話「龍の洞窟」49~50頁目アップ / 花舞

●ギャラリーの倉庫に「花舞」アップしました。

暑中見舞いから始まったお絵かき強化月間も今回でいったん一区切りとします。もっといっぱい描けたらよかったんですが、それでも新作4枚描けたので、良しということにします。
これからもイラストは思いついた時に不定期に(不定期というよりは気分で突発的にだな、多分^^;)描いていくと思いますので、よろしくです。

で、ロイドですが。
ロイドとは何なのか?に関しては、現時点ではこれまで出した以上の情報は出せないのですが、1話からのエピソードを組み上げてみたら、いくつか特徴が出てきていると思います。

それに従うなら、厳密には人間の形をしてなくてもいいのですが、あまり人間離れさせると感情移入しづらくなるので、メインキャラたちは比較的人間に近い形にしています。そういうことも踏まえて読んでいただけたら嬉しいです。

夏空

●ギャラリーの倉庫に「夏空」アップしました。

暑中見舞い期間が終ったので、暑中見舞いイラストも特設コーナーから下ろしました。見て下さった方々、ありがとうございました。少しでも夏気分を味わっていただけたでしょうか。
変わりに元絵をギャラリーの倉庫にアップ。こちらはノーカット版ですので、また少し雰囲気違うかもしれません。

>>続きを読む

「ロイド」第3話「龍の洞窟」47~48頁目アップ

ロイド。ダイくんに続いてヘリオスからも同じ台詞が! そうです、これが3話のキーワードだったんです。ダイくんたちが二手に別れてからの一連の展開は、実はダイくんとヘリオスにこの台詞を言わせるためのものだったんですが、分かっていただけましたでしょうか…(汗)。以下、ちょっと補足。

>>続きを読む

« 2005年7月 | 2005年9月 »

閉じる

頁トップへ▲