NOTE / 2005年11月

「ロイド」第3話「龍の洞窟」80~81頁目アップ

ロイド3話の山場もこれにて全て終結。2話で父の手がかりを得たダイくんは3話の冒険で新しいアイテムを得たことになります。が、この剣の設定を見て「あれ?」と思われた方もいるのではないでしょうか? このアイテムの存在する意味は、主人公の武器としてより、実はもっと別なところにあります。それに関しては4話以降で触れていきますので、楽しみにしていただければ嬉しいです。

さて、長らく続いた「龍の洞窟」もこれからラストまでは全体のまとめとエピローグに入ります。今後の展開に関係する部分以外では、積み残しなく全てを結んでの大団円となりますので、いましばらくお付き合い下さいませ。カグヤの気持ちなど、まだ出していない部分の説明もありますので、よろしくです。

「ロイド」第3話「龍の洞窟」78~79頁目アップ

ラストステージクライマックス! ドラゴンは1対1で向かい合うには大き過ぎたので、等身大でのバトルが実感わいて気持ちいい(バトルにこういう表現も変ですが…)。

ドラゴンとカグヤには余地、みたいなものを持たせていましたが、○村長に関しては正面からの真っ当な悪役として描かせてもらいました。救いなし(笑)。おかげで「悪はやっつける!」というストレートな王道展開を描くことができて、私もスカッとさせてもらえたです。こういうタイプの作品だからこそ描ける部分というのも大切にしていきたいなと思います。

「ロイド」第3話「龍の洞窟」76~77頁目アップ

ついに5人組揃い踏み!? 一度こういうシーン、描いてみたかったんです。ついでに「5人揃って○レンジャー!」とか叫ばせられたら更に楽しかっただろうなーと思いましたが、さすがにやってはないですが(笑)。そして今頃になって○○頁の伏線がっっ!(覚えている人、いるかしら…>汗)

予定では3話は全部で85頁なので、残りもわずかになってきました。存分に突っ走っていこうと思います。

「ロイド」第3話「龍の洞窟」74~75頁目アップ

さて。ロイドでは最後の展開に向けて物語もハイスピードで動き出しています。アクション系ならではのスカッとしたラストに出来たらいいなと思っています。気持ちよくラストステージを楽しんでいただけたらと思います。

4話コマ割り完了!

あれやこれやで中断を繰り返しながら進めてきたロイド4話の原稿用紙でのコマ割り作業、ようやく完了しました。今回はわりとシンプルな話なのでネーム通りスムーズにいくかなと思っていたのですが、やっぱり修正出ましたね。結果、少し頁数増えて全57頁に。3話よりは短いですが、当初の予定よりはちと長めか。途中、どうでもいいようなシーンにけっこう悩んで数日止まったりとかしてました(台詞のちょっとした表現の違いとかコマ送りの微妙なテンポとか)。でもまあこれでネームも完全に確定したのでホッと一息です。

051102.jpg

内容に関しては今の段階ではまだノーコメントですが、表紙のラフなどを少し描いてみました。相変わらずのラフタッチで、果たしてこれでちゃんとペン入れが出来るのか~状態ですが(^^;。背景とかはすっ飛ばしてともかくも芝居とコマ割りの確定を最優先でやってきたので、下絵としても早く完成させたいと思ってます。グズグズしてたら3話終っちゃうし~(汗)。

« 2005年10月 | 2005年12月 »

閉じる

頁トップへ▲