NOTE / DIARY

2009年8月

「ロイド」第8話「メッセージ」3~4頁目

ロイド更新しました。

表紙が出ました。おっ、この方たちは…!?
ということで、懐かしのメンバーが復活登場してます。で、困ったのが久しぶりなので描き方忘れてるですよ~。色の塗り分け…間違ってないだろうな。さて、どんな活躍をしてくれるのか、しないのか!?

バタバタとお兄ちゃんが帰省して2週間ほどで、あっという間に戻っていきました。もっとゆっくり居てほしかった親心。弟の夏休みも短くて補習も再開(事実上の授業開始)。まだ8月だというのにもう学校始まってる気分。夏もこのまま収まって終わってしまうのでしょうかね…。

「ロイド」第8話「メッセージ」1~2頁目

ロイド8話「メッセージ」連載開始しました!

7話の終わりからつながって話が始まってます。まだ最初の2頁なのでこんなものですが、これから少しずついろいろなことが明らかになっていきますので、楽しみにしていて下さると嬉しいです。

*「ソウル・ラビリンス」について。
いまさらですが…。「魂の迷宮」というのはタワーへ行く通路の名前でしたが、実はダイくんの心にもひっかけてありました。今のダイくんはまさに魂の迷宮に入っちゃった気分。父ちゃんを慕う気持ちと納得できない気持ちとの葛藤―そんなところも描いていけたらと思います。

ソウル・ラビリンス

●イラストの部屋に「ソウル・ラビリンス」アップしました。

ロイド7話をフレームに入れてまとめました。ところで、小さな画面で見られている場合も考慮して、見開き頁はフレームを解除するようにしてきたんですが、今どきそこまで考えなくても、全部素直にフレーム内でナビゲーションした方が見やすいでしょうか…。ご意見・感想等ありましたら、どうぞ。

*できるだけどんな環境でも見られるようにしたいので、今のところjavascript必須のナビゲーションや専用のソフトをダウンロードしなければ見られないようなシステムを取り入れる予定はないです。

さて、トップ頁も8話に合わせて模様替え。8話に出てくるキャラたちが入ってますが、この方たちは…!? タイトルは「メッセージ」で来週から始まります。全56頁になる予定。短くもないですが、そんなに長くもないです。

帰省で地震
11日までお盆で実家へ行ってたんですが、愛知だったので、朝の5時に揺れでたたき起こされました。一瞬東海地震の本番来たか!?と思ったけど、そうではなかったみたい。
お寺の用事を済ませた後、予定通り帰路につきましたが、新幹線が乱れまくってて指定券が取れないので、自由席で出たとこ勝負で臨む。混んでて、さすがに名古屋では無理でしたが運よく京都から座ることが出来ました。途中も徐行運転してたので(しかもしょっちゅう止まるし)名古屋で2時間遅れだったのが岡山に着く頃には3時間30分遅れになってました。
名古屋駅も岡山駅も人であふれてて精算所では長蛇の列が。こんな時に大雨・台風・地震が重なるって今年の夏は…。皆さん、本当にお疲れ様でした。

「ロイド」第7話「ソウル・ラビリンス」62~64頁目 完結

ロイド更新&7話完結です!

そういうことで、7話、無事完結しました。ロイド後半の始まりで、大どんでん返しのあった回になりました。このどんでん返しは1話の時点から計画していたものなので、父ちゃんの台詞がこういう形で伏線になっていたのか~と思っていただけたら嬉しいです。

で、この終わり方ですが。後から考えたら、7話と8話は1つの話を前編・後編という形にしてもよかったかなと思いました。それもあって7話と8話の間は空けたくなかったんです。そういうことで、何故こうなってしまったのか?という答の一部は続く8話で明らかになります。楽しみにしていただけたらと思います。

さて次週ですが。
今週末~来週前半にはお盆の日程が入っていてまた実家へ行かねばならなかったりと立て込んでいるので、来週8月14日は7話のフレーム入れとトップ頁の入れ替えをして、8月21日から8話の連載を開始したいと思います。7話終わっての「途中でちょん切れてる感」も8話でスッキリさせる予定なので、是非続けて読んでみて下さい~。

お伊勢参り

帰ってきました。三重県の伊勢に行ってました。
伊勢神宮は名古屋からそんなに遠くないのに、まだ行ったことがなかったんです。今回、伊勢市にちょっと所用がありまして、ならこの機会にお伊勢参りでも…という話になりました。

090805_1.jpg

で、伊勢神宮って外宮と内宮の2か所あるんですよね。それぞれ広大なので、伊勢神宮だけでもじっくり回ればかなり時間かかります。写真は内宮。こちらがメインのようで、内宮の周辺に観光拠点の「おはらい町」があります。

>>続きを読む

« 2009年7月 | 2009年9月 »

閉じる

頁トップへ▲