NOTE / DIARY

2017年8月

「竜宮」17~18頁

「竜宮」更新しました。

亀の恩返しとかファンタジー要素を取り除いて現実的に考えれば、こんな感じになるでしょうね。

では亀の恩返しとは?
あれは男の妄想だったのか?
こちらが真実だったのか?
本当は亀の恩返しなどなかったのか?

その答は物語が終わった時に明らかになる…ということでよろしくです。

「竜宮」15~16頁

「竜宮」更新しました。

さて、男の反応は・・・
ここまでは、ちゃらんぽらんっぽい風体の割には意外と律儀に亀との約束を守ってきたようですが・・・
あれ?
何か話が変な方向へ向かってるような・・・?

この作品は前にも書いた通り、ネーム段階では亀はリアルな亀そのままで乙姫姿ではありませんでした。そのためヒロインが存在せず、画を華やかに出来るのは社長令嬢登場シーンくらいしかありませんでした。彼女がバックに花を背負っているのは、そんなせめてもの気持ちからなのでした。

「竜宮」13~14頁

「竜宮」更新しました。

やっぱりこうなりますよねー。
さあ、どうする、男!?

今年の朝顔

170811_1.jpg 170811_2.jpg

チューリップの次は朝顔。てことで、今年の夏も朝顔が咲いてますが、葉っぱがいつもと違うのが混じってる…。深い切れ込みの五裂で、「これ、朝顔なのかな?」と思っていたら、ちゃんと朝顔の花が咲きました。朝顔にもいろいろ種類があるんですね。

「竜宮」11~12頁

1日遅れになりましたが、「竜宮」更新しました。
ということで、無事帰って来れました。

しかし主人公、羨ましいですね~。
私も遊んで金持ちになりたいわ~。
男の望みには自分の願望も反映されてますね~(笑。
どこかに助けてほしい亀はいないだろうか~。

そう思いつつも、そんな亀に出会えそうもない私は地道に頑張るしかないですかね~(^^;。

« 2017年7月 | 2017年9月 »

閉じる

頁トップへ▲