NOTE / DIARY

「午前10時のママ」19~20頁アップ

「午前10時のママ」更新しました。

受精の時、卵子は1つですが、精子は膨大な数です。もちろん全部の精子が元気なわけではないですが、それでも受精可能な元気なものでも1000万匹くらいいるとか…。卵子に到達する精子が1つ違うだけで別の人間になってしまう。同じ条件でやり直しても前回と同じ精子が辿り着ける確率はそうとうに低いでしょう。私たちはそれだけ低い確率の上に存在していると思うと、実はこれってすごい奇蹟なんだな…と思いますね。

しかしこうなると…。
翔太のママは答のない旅に出てしまったようなものです。
そして彼女が気付いた「恐ろしいこと」とは…?

コメントを投稿

« 前の頁へ | 次の頁へ »

閉じる

頁トップへ▲