NOTE / DIARY

「時の声」39~40頁アップ

「時の声」更新しました。

やっぱり異星が舞台ならクリーチャーの1つくらい出したいじゃないですかー。
そういうわけで、トビーが気付かずに座っていたのがアレだったのです。夜明け前とはいえ、まだ暗いし、トビーの気持ちはナナミに集中してる状態だから自分が何に腰掛けたかまでは注意が回ってなかったんですね。それにトビーの知識ではそこにアレがあるはずはなかったので。
今回の事態は「街中でライオンに遭う」くらいトビーにとっても有り得ないことだったので、どうしてそうなったかも含めて今後の展開を楽しみにどうぞ~。


「カメラを止めるな!」を見に行ってしまいました。普段なら自分の守備範囲外のジャンルなので目にもとめなかったはずなのに、色々話題になってたのでネタバレする前に映画館に駆け込む羽目に(「君の名は。」と同じパターンだな)。でも映画が苦手な夫が笑って楽しんでくれたのでよかったかな。

コメントを投稿

« 前の頁へ | 次の頁へ »

閉じる

頁トップへ▲