NOTE / DIARY

18周年企画「マヤの惑星」リライト版公開!

当サイトも18年…ということは漫画描き歴史はもっと長いということで…。その長い漫画描き歴史の実質最初の1作となった「マヤの惑星」を18周年企画としてリライトしました! 連載作品と平行して去年から少しずつ描き進めてきて、無事間に合いました。既読の方も未読の方もぜひ読んでみて下さい!

マヤの惑星サムネイル

全36頁。旧作32頁より少し増えてますが、内容はほぼ同じです。ただ、話に影響を及ぼさない範囲で、時代に合わせて設定を少し変更したり、矛盾を修正したり等は行ってます。旧作を既読の方はどこが変わったのか、未読の方はこの機会に目を通して楽しんでもらえたら嬉しいです。以下はネタバレ含むリライト裏話。

この作品のSFアイデアは自分でも自己ベストに入るくらいお気に入りなのですが、旧作は絵がネックでした…。当時好きだった石ノ森章太郎氏にあまりに似すぎていて、自分でも正視に耐えなかったほど。絵に関してはまさしく黒歴史でした。にも関わらず公開し続けていたのは、SFアイデアがお蔵入りさせるには惜しすぎたからです。

しかしさすがにあの絵ではもう辛い…上手く描き直せる自信がなくて長い間そのままになっていたのですが、あの絵のままで読んでもらえないより、今の絵で少しでも読んでもらえる方がまだいいのではないか…例えリライトで若い頃ならではの勢いや気迫が失われたとしても。それで勇気を出して今回の企画となったわけです。

リライトに当たっての変更・修正
まずは野暮ったさの元凶だった西部劇イメージの衣装を普通の服に。「開拓」とかけていたんですけど、西部劇をかっこいいと思える感覚がないと通じませんよね。アナログ日記はメモリーに。旧作を描いた当時は紙に書く日記は未来永劫存在し続けると信じて疑ってなかった…まさかこんな時代が来るとは。アンドロイドは自作から購入へ。自分で作れたらAIのプログラムも自分で変更できるはずじゃ?という突っ込みをかわすためです。

主人公の設定も親からそこそこの資産を受け継いだ小金持ちに変更。旧作当時は自分も世間知らずの子どもだったから、お小遣いを貯めて欲しい物を買う感覚で描いてたのよね。大人になってから見ると辺境とはいえ惑星丸ごと1つ買うのにキャッシュ貯まるまで待ってたら歳くっちゃうじゃんとか、ローンは使わないのとか、色々おかしなことに気付く。マヤも金のない若者を働かせるより金持ち引っかけた方が効率いいだろうに。リライト版ではその辺を整理しました。

なお、リライト版では主人公に名前はありません。元々は星新一のSFショートショートみたいなのを目指した作品なので、登場人物は名前なしで「男は…女は…」みたいに描きたかったのが本来の思いだったからです。マヤだけは名前なしだと話の進行が難しいのでやむを得ず名前ありにしてますが、マヤ以外の人物は主人公を含めて全員名無しで通してます。

B4原稿にトライ
旧作は投稿作品なのでB4の投稿サイズで描いてます。これをWEB連載と同じA4サイズで描いたら解像度や絵の緻密さといった点では画のレベルが落ちないか?という懸念がありました。せっかくリライトするなら旧作より質が落ちないようにしたい。となるとB4で描くしかないが、スキャナはA4までしかかからない。さあどうする!?

悩んだ末、B4原稿を2回に分けてスキャンして合成する方法を選択。最初は合成部分のズレに悩まされましたが、そのうちコマとコマの間を縫うように切り貼りすれば絵を切ることなく合成出来ることを発見。枠線は合成後にCGで引くことで調整しサイズの統一を図りました。すごい苦労でしたが、さすがにB4からのリサイズはきれいですね。今連載中の「アリスの時間」はA4なので最後までA4で描く予定ですが、この後はどうするかな…。手間かかるのを承知でB4に移行してみようか? まだ先のことなのでどうなるかは分かりませんが…。パソコンでご覧の方はB4作品ならではのきめの細かさも見てもらえたら嬉しいです。

ところで旧作ですが。漫画の部屋からはリンクを外しましたが、3月いっぱいまではWEB拍手から見にいけるようにしてあります。もし興味を持たれたら覗いてみて下さい。

コメントを投稿

« 前の頁へ | 次の頁へ »

閉じる

頁トップへ▲