NOTE / DIARY

「アリスの時間」63~64頁アップ 完結!

「アリスの時間」更新、全64頁で完結しました!

ということで独自の理論での過去旅行作品でした。
「時間の底」という思いつきをやってみたかったのですが、登場人物たちも思ってたより濃いキャラになってくれて、SFアイデアだけでなくドラマとしても楽しんで描くことが出来ました。フェイクでしたがドラキュラっぽい雰囲気を描いてみることも出来て楽しかった。入れ歯ならぬ入れ牙まで仕込んで遊んでたな、おじいちゃん(笑。
第一次世界大戦を背景に取り入れたのも自分としては新しい試みでしたね。完全架空の世界を舞台にするのとは違う重みを味わいました。こういうのもいいな。

ところで、こういう話の場合、装置の証拠の類は全部なくなって残るは主人公の記憶のみ…になるのが定番だと思いますが、ラストでこの「記憶」に一捻り入れました。記憶を再現出来る能力を持った者ならあるいは…みたいな。ちょっと夢を持たせてみたかったんです。

読んで下さった皆様、ありがとうございました。
次週は作品リストに「アリスの時間」をアップする予定。
よろしくです。

コメントを投稿

« 前の頁へ | 次の頁へ »

閉じる

頁トップへ▲