NOTE / DIARY

サイト情報とか雑記とか。気まぐれ絵日記のログはこちらです。

New Images

「時の声」19~20頁アップ

「時の声」更新しました。

先週からの続きで主人公パニック。
そりゃそうなるよね…。

自前で横線(スピード線と言うのかな)のトーンを作って使ってます。キャラが動いている時などにスピード感を出すためにバックに流す線のことです。これをフォトショの「自由な形に」などで無理矢理伸ばしたり曲げたりして集中線みたいなのを作る…。ただ、横だけの線では曲げるにしても限界があるので、最初から360度対応のちゃんとした集中線のトーンも作った方がいいかなあ…。

パソコン用のトーンは買うことも出来るけど、作れるものは自分で作ってます。集中線のバリエーションももっと増やしてみようかな。

「時の声」17~18頁アップ

「時の声」更新しました。

…が、何やら妙なことになってきました…。
ということで、この作品もやっと本題に入ってきました。長い導入でしたが、ここからが!なんですよね。

前回書き忘れたミオ自治区の設定など。
この時代、植民星はすでにいくつかあるという設定です。地球から見ればミオ自治区はまだまだ開発途上で(トビーに言わせると田舎)、人口も地球みたいに密集していません。そのため病院や庁舎のような大きな建物以外の一般家屋は平屋が基本です。土地をたっぷり使えるのです~もちろん地価も地球よりずっと安いです~うらやましいです~。この時代でも地球から見れば広い土地に大きな平屋の一戸建ては贅沢の極みではないでしょうかー。

「時の声」15~16頁アップ

「時の声」更新しました。

先週のおじさん回から主人公サイドに戻ってきました。やっぱり画面に女性がいると華が…と言いたいけど、今回の主人公は華を出すどころじゃない状態ですねえ(^^;。

惑星ミールは巨大なガス惑星で、人が住んでるのは衛星の方という設定です。そのため衛星ミオからは頭上に覆い被さるようにミールが見えてます。
ここで問題になるのは、原稿用紙より大きい円の一部をコマに入れたい場合どう描けばいいかということ。アナログなら簡単なのですが、それでも油断すると紙がずれたりする…。それで最近はCGで円弧を入れてるのですが、円が大きすぎて原稿の中では円が描けないんですよね。しかたなく大きなウインドウに原稿を小さく表示して選択範囲で円を作って「境界線を描く」で線を引いてます。

原稿用紙より大きな円を描く図

こうやってコマの中に惑星の一部を入れてるのですが、皆さんはどうやってるんだろうなあ…。

「時の声」13~14頁アップ

「時の声」更新しました。

今週は絵的に地味な回になってすまんです…。おじさん回になってしまったわ。
てことで、その他のキャラも登場させつつ、ミール(ミオ自治区)の状況説明などを。2頁足らずのやりとりですが、ミオ自治区の政治体制やフロスの立場、議員たちの間にある感情など、それなりに情報は盛ってあります。こういった状況を背景に、これからどんなお話になるのかなーというところですね。


夫がアネモネを片付けて朝顔の種をまきました。まく時期が遅かったからか、雨が多かったからか、まくと同時に芽がわわわわっといっぱい出てきて鉢の中が双葉でいっぱいになりました。あまりの反応の速さにびっくりした・・・。

「時の声」11~12頁アップ

「時の声」更新しました。

登場人物(主要キャラ)の名前も全員出揃いましたね。どのタイミングでどういう形で(台詞かモノローグか)名前を出すかは毎回けっこう悩みますが、今回は上手く話の流れに乗せて説明することができたようです。

しかしいつもことながら、名前付けには苦労する…。ちっともいい名前が思い浮かばない。おかげで今回もネームは名無しで進めて、台詞入れ直前ギリギリで(もっといい名前があるだろうと思いつつ)無理矢理決めるという情けなさ。いつの日か、先に名前が決まった状態でネームを描ける人に私はなりたい…。

*ワームホールなんてのは皆さんとっくにご存じ…という前提で描いてますが、ご存じですよね!? ね!?

全ログ一覧 ≫

閉じる

頁トップへ▲