TAEKO.ORG
TAEKOのアトリエ

NOTE / サイト日誌

全部開く 全部閉じる

2024/02/23

「時空睡眠」更新しました。

船内の人間関係…(^^;。

枠線について。11頁のような丸枠は枠線の上に別レイヤーを作って、枠線と同じ太さで楕円を描くことで表現してます。最終的に望む表現になればいいので、過程は気にしないという方向で。

2024/02/16

「時空睡眠」更新しました。

主人公たちの貨物船のデザインは昔に描いた作品(サイトでは非公開)に登場する宇宙船が元になってます。このまま埋もれさせてしまうのは惜しいなあ…と思っていたので、多少のアレンジを加えての登場となりました。今ルイたちがいるのは一番上のコクピットですが、内部には貨物室の他に居室や医務室などの設備もあります。

2024/02/09

「時空睡眠」更新しました。

登場人物が出揃い、そろそろ何か動きが…というところですが、今回のキャラは全員大人の設定にしました。ペーパーバック作成で過去作の編集をしていた時、そういえば最近大人な顔を描いてないなあ、目が大きくて丸い(子どもっぽい?)顔ばっかりが続いてたなあと気付いて。

クルーたちの年齢設定は20代後半~30代を考えてます。社会人としては若めだけど、少年少女ではない。一番若いのは誰だろう、ホセくん辺りかな? モモコは見た目より歳いってます、多分~。

2024/02/02

「時空睡眠」更新しました。今回は3頁です!

本にした場合、右に偶数頁、左に奇数頁という並びで2頁が一緒に目に入ることになります。いわゆる見開きですね。ならばWebでも「見開き」に相当する頁順で更新した方が紙本と同じような感覚になれるのではないか?と思い、今作からは更新を奇数頁で切ることにしました。そのための3頁更新です。来週からはまた2頁更新に戻りますので、よろしくです。

今作の立ち位置
宇宙を舞台にした作品群を1冊にまとめるためにはどう編集したらいいか?については色々考えました。で、やっぱり時系列順に並べた方が時代設定に混乱しなくて済むと考えたのですが、「帰還」とその他の作品の間に時代の開きがありすぎる。「帰還」ではまだワープが実用化されてない。しかし他の作品ではワープは既に当たり前になっており、それに関する言及も説明もない。続けて読むといきなり時代設定が飛んでるので、「帰還」と他の作品群の間をつなぐ作品が必要だと思いました。ならば足りない50頁をその「間をつなぐ」作品にしようと。それで考えたのが今作です。

「時空睡眠」は1冊の本の中で読んだときに意味をなす構成になっているので、単独で読んだら少し浮くかもしれません。それでも本格SFであることに違いはないので、SFとして楽しんでもらえたらいいなと思います。

2024/01/26

新作SF「時空睡眠」連載開始しました。53頁の中編になる予定。ファンタジー作品が足りないと言っていたのに、なぜ今回はSFに?

実はこれもペーパーバック絡みの事情です。「マヤの惑星」などの宇宙(地球外)を舞台にしたSF作品群を一冊の本にまとめたいのですが、これも200頁にはちょっと頁数が足らない。Amazonから出版する本は200頁前後の単行本を目標にしており、薄い本にはしたくない(「いとしきものたちへ」はKDP初挑戦の試作も兼ねていたので例外)。となると宇宙SF作品も50頁ほど足らないのです。

そこで単行本のために新しい作品を1本描くことにしたのだけど、単行本だけで読めるようにするか、Webでも読めるようにするかではけっこう迷いました。悩んだ末、ケチケチせずにWebでも読めるようにしよう!とWeb連載形式で発表することにしました。なので本が出るのはこの作品が完結した後になりますが、その分作画には時間をかけられるかなと思います。

2024/01/19

漫画の部屋のギャラリーに「いばらの城の姫」アップ。そしてトップ画も更新!

てことで、やっと新作漫画に取りかかる時間が出来たので、来週から連載を始めたいと思います。ネームは去年のうちに上がっていたのですが、「エクダの泉」の原稿作成に手間取ったので年明けまで持ち越しになりました。今度はファンタジーではなくSFを予定。詳しくはまた来週にて。

Amazonで「エクダの泉」を出版しました!
A5判、263頁、表紙カラー、本文白黒。
エクダシリーズの4話をまとめて収録したので、263頁というボリュームになりました。頁数が多い分、お値段が高めになってしまうのは仕方がないですが、その分読み応えはあり!? 裏表紙のイラストは新規描き下ろし。内表紙のルゥちゃんはサイト未公開のイラストです。

エクダの泉

「エクダの泉」

Amazonで買えます!

エクダ4話を1冊にまとめて収録、パロディ漫画も入れてます。

Amazonの販売頁へ行く

「エクダの泉」はどうしてもこの世に出したかった作品なので、紙の本でまとめて読めるようになったのは私にとっても感慨深いです。出版のおかげで解像度の低かった「エクダの泉」「ユニコーンの谷」も600dpi化することが出来たので、この本をもってエクダシリーズのファイナル版としたいです。

2024/01/05

Web用に原稿をリサイズする時、gifやpngを使うとグレーの濃淡表現に点描を使うことが出来ます。
↓こんな感じのやつですね。

印刷用点描の作り方

エクダやロイドの頃はこの点描効果を多用してました。が、これはWeb独自の表現なので高解像度の印刷用原稿には使えない。では印刷でどうすれば同じような効果を出せるのか? その覚え書きを制作裏話にアップしておきました。これでやり方を忘れても大丈夫。

2023/12/29

作品リストに「いばらの城の姫」アップしました。

けっこうサクッと作ってしまったお話ですが、意外に反応いただけて嬉しかったです。いばら姫で試してみた有料ブラシも連載が終わる頃にはどうにか使いこなせるようになったかな。

来年の予定
お正月はお休みして、1月中に新しい連載を始めたいと思ってます。エクダ本に取りかかる前に次作のネームを作っておいたので(そのせいでエクダ本が遅れたとも言える^^;)、多分予定通り行けるのではと思ってます。詳しくはまた来年にて。

それでは来年もよろしくお願い致します。
皆様もよいお年を。^^

2023/12/22

「いばらの城の姫」更新、全44頁で完結しました。

冒頭2頁目とつながったわけですが、43頁の解釈は読んだ方にお任せします。私の方からは特にあれこれ言うことはしない、と言うことでよろしくです。

時節柄、クリスマスの絵本みたいな感じになっちゃいましたが、まあそれもいいか。物語をプレゼントにどうぞ~。

次週は作品リストに今作をアップ予定。今後の予定についてはその時に。

エクダのペーパーバックについて
原稿を600dpiで作り直すのに思っていたより時間がかかってしまい、年内出版は無理そうです。300dpiで作っていた当時、スキャン後に大量にデジタル修正を加えていたため(目を描き直したり、あごのラインを修正したり、体の線を変更したり等)、その再現が大変で…。もう今となっては自分でもどこをどう修正したのか覚えてないし、アナログ原稿もデジタル修正を前提とした描き方になっていて2重~3重に線が引かれており、どの線を消してどの線を残せばいいのかも分からない…。そこでスキャン原稿に300dpiの原稿を600dpiに拡大したものを重ね合わせて、線にズレが発生する箇所を1コマずつ丹念にチェックしながら同じになるよう修正する…といった作業をしてました。疲れたわ…。年末進行やお正月もあるので、年が明けて落ち着いてからの出版を目指そうと思ってます。

*WEB拍手&コメント下さった方々、ありがとうございます! とても励みになります。これからも頑張っていきます~。^^

2023/12/15

「いばらの城の姫」更新しました。

この世界では植物は大切にしてくれた人の心に応える──そういう設定世界のお話。だから姫が動かしていたわけじゃないけど、姫の心に反応して動いていたわけです。オロは自身の体験からそれに気付いてたんですね。

で、問題のいばら怪獣。
これ、実は最初は普通にいばらが動くだけにするつもりだったんです。炎竜にいばらが絡みついたり締め上げたりするみたいな。が、ネームを描いてる時、フッ…と筆が滑りまして。まさに滑った、としか表現のしようがない。ハッと気がついたらいばらが姫の形に。何だ、何なんだ、これは!? いや待て、これ行けるかもしれないぞ、そうだこれで行こう!

そうと決めたらどんどんエスカレートし始めて、剣を持たすだけじゃなく、十字クロスは背負わせるわ、羽は生やすわ、弓矢は持たせるわで悪乗りし放題(笑。でも描いてる方は楽しかったです。またやりたいな(どこで!?)。

と言うことで、「いばらの城の姫」も残り2頁になりましたが、どうぞ最後までお付き合いいただけますよう。

2023/12/08

「いばらの城の姫」更新しました。

オロが非力にもかかわらず何故挑戦者を志したのか。オロにはあの怪獣騒ぎはどう見えていたのか。その辺の答合わせの週です。答合わせは来週も続きますのでどうぞよろしくです。

2023/12/01

「いばらの城の姫」更新しました。

種明かし編に入りました。以下は更新頁を見てから開いて下さいね。

この魔王騒ぎが姫の狂言だったことは、4頁目で既に察しがついていたと思います。さらわれたにしちゃ、姫様余裕ありすぎだもん。この時点で姫に忠実な騎士が協力してるだろうことは画面から分かると思うのですが、騎士の台詞は吹き出しではなく点描で表現してます。つまり姫が会話してた相手は「心の中のロジャー」であって姫自身だったわけです。

このお姫様は背が高くてロジャーと同じくらいある。鎧とマントでがたいを大きく見せかけ、低いくぐもった声になる兜で男を装い、ロジャー仕込みの腕で挑戦者を撃退してたというわけです。

いばら怪獣についてはまた後ほど。

2023/11/24

「いばらの城の姫」更新しました。

ハイ、こういうことで御座いました~。
でもまだ謎?は残ってますよね。あのいばら怪獣は何だったのかとか…。次週から種明かし編に入りますので、おいおい説明していくことになると思います。よろしくです。

2023/11/17

「いばらの城の姫」更新しました。

どうやら決着は…着いた…らしい??
けど怪獣バトルの決着は着いてもキャラたちの決着は…?
続きを楽しみにしてもらえたら嬉しいです。

2023/11/10

「いばらの城の姫」更新しました。

今週の2頁、台詞1つだけ!
あとはもうひたすらスペクタクルです。

画力がもっとあれば…ううう~。でも作者は描いてて楽しい(笑。

2023/11/03

「いばらの城の姫」更新しました。

炎竜の火の攻撃にヒメは反撃出来るのかー!?

…ところで、ヒメ(姫?)なんですかね、これ…?(作者が聞いてどーする)。
まあ「姫」&「いばら」なのは間違いないようなので、これでタイトル回収だー(違。

えー、取りあえずは、この先の展開をお待ち下さいませ…。

2023/10/27

「いばらの城の姫」更新しました。

すみません、ファンタジーのはずが怪獣バトル漫画になってしまったあああー!!
炎怪獣vs植物怪獣!!
もうほとんどゴジラvsビオランテ状態(笑。

いばらブラシでビオランテ?(この造形については後日…)を形作るのにけっこう苦労。手でコツコツ描くのとどっちが速かっただろう…。しかしこれ、ハリウッドのCGでやってくれたらかなりの迫力ものになりそうですね。誰か作って(笑。

2023/10/20

「いばらの城の姫」更新しました。

怪獣っぽいものが出てきましたが、さてどうなるか…?

炎の効果にと思ってグリッターブラシというものを使ってみましたが、WEB用にリサイズしてみたら単なる白点々になってしまった…。このブラシはカラーの方がいいのかも。

2023/10/13

「いばらの城の姫」更新しました。

この世界では魔法でも魔道でもなく「魔術」で統一してます。「契約」と言う言葉が出てきますが、チェンソーマンではありません(笑。普通に従来からある魔法のイメージでやってます。

この「魔術」の登場で新しい動きが出てきそうですが、さて…?

2023/10/06

「いばらの城の姫」更新しました。

やっとファンタジーらしくなってきた…かな?
いばらは自作のいばらブラシで描いてます。元々はいばら姫のイラストのために自作したカラーのブラシだったのですが、それを漫画用にモノクロに作り直したものです。一筆で描けるのでこれは楽。

2023/09/29

「いばらの城の姫」更新しました。

これでやっとトップ画の人たちも全員揃ったようですね。そして魔王の正体も…? さすがにこれでユルユル展開も終わりになる…なるかな?

そしてロイドもついに完結巻、4巻の発売です!

Amazonでロイド4巻を出しました
A5判、227頁、表紙カラー、本文白黒。
10話後半から13話最終話まで収録。10話の表紙はボツ原稿から発掘したサイト未公開のイラストです。これは他の表紙と構図が被るとかでボツにしたものですが、そこは大きさと角度を少し変えることでクリアして晴れて表紙絵に復活。ペーパーバックでしか拝めない表紙ですので、よろしくです。巻末に描きおろしの後書き漫画が3頁付いてます。

ロイド4

「ロイド 4」

Amazonで買えます!

10話後半~13話収録。後書き漫画3頁付き。

念願のロイドを無事全巻出せてひとまずホッ。次はエクダを予定してますが、エクダは解像度の低い1・2話をスキャンからやり直して作り直す予定なので、ちょっと時間かかりそうです。しばらくお待ち下さい。。

2023/09/22

「いばらの城の姫」更新しました。

おお~馬! 馬~! 馬描くのも久しぶり過ぎてこれでいいんだろうか~状態。一応白馬です。そして乗り手は白銀の鎧と言う設定です。白馬の騎士! …おとぎ話なら王子様枠ですが、この作品では果たして…?

2023/09/15

「いばらの城の姫」更新しました。

しばらくゆるい展開が続いてましたが、新しい展開が来る(かもしれない)兆しが…?

そしてやっとやっとロイド3巻のお知らせが出来る日が~(嬉涙

Amazonでロイド3巻を出しました
A5判、218頁、表紙カラー、本文白黒。
7話から10話を収録。…なのですが、頁調整の都合で10話は前編と後編に分けることになりまして、3巻に収録しているのは10話の43頁目までです。以下4巻10話後編に続く!な構成になっております。書籍化のことを全く考えないで頁数を決めていた時のしわ寄せがここに…(汗。

ロイド3

「ロイド 3」

Amazonで買えます!

7~9話、10話前半収録。

今回は出版メールが来てから実際に購入出来るようになるまで10日くらいかかってしまい、発売告知できるまでにすごく時間がかかってしまいました。今までは1日後には反映されていたので私にも予想外の事態。こんなこともあるんだな…。これからはこういうことも視野に入れて予定を組んでいかねばなりませんね。。。

2023/09/08

「いばらの城の姫」更新しました。

どんどんこれでいいのか?な展開になってきてますが…。
この時代にこんなトレーニングあったの?と自分でも思うけどファンタジーだから…(コラ。

クリスタの素材の中でも「読めない文字」系は使えますね、便利便利。日本語、英語系だけでなく、ルーン文字とか梵字とか色々用意してくれてる人がいて助かってます。

2023/09/01

「いばらの城の姫」更新しました。

展開がますます妙な方向へ…? 重たい話じゃないので気楽に読んでやって下さい~。

クリスタでログインポイントを稼いだので少しブラシとか落としてみたんですが、思ってたように描けないな…。高かったのに使いこなせなかったり、無料の方が使いやすかったり、自分に合う素材を見つけるのはなかなか難しいです…。

ロイド3巻はもう少しお待ち下さい。。。

2023/08/25

「いばらの城の姫」更新しました。

進展があったような、なかったような…(^^;。こんな調子では話がどう転んでいくか分からなくなってきましたが、まあ見守ってやって下さい。

ロイド紙本の表紙をちょっと修正しました。装丁デザインて難しいなあ。ロイドは昔の漫画単行本みたいな感じに出来ればなあと思っているのですが…。

2023/08/18

「いばらの城の姫」更新しました。

なんとなく予想通りのような、違うような展開に…。頑張ってねとしか言いようがありませんね~。頑張ってね(笑。

連載漫画はこれ以上言及のしようがない状態ですが、ペーパーバックの方ではロイド2巻が出ました!

Amazonでロイド2巻を出しました
A5判、206頁、表紙カラー、本文白黒。
5話と6話を収録。5話が長いので2話だけでも200頁超えしてます。内容的にはブラック登場→復活?な流れを続けて読めるのでキリはいいかと。

ロイド2

「ロイド 2」

Amazonで買えます!

5~6話収録。

しかしこの頃は印刷のことを考えずにコマ配分してるところが多くて、調整がなかなか大変でした。一部の頁ではキャラの位置が大幅に変更されていたりするので、WEB版とは少し違う印刷バージョンとしても楽しんでもらえればと思います。

2023/08/11

「いばらの城の姫」更新しました。

お姫様や魔王の出てくるファンタジーなら中世ヨーロッパだろうと安易に描き始めるが、早くも後悔し始める。鎧とかややこしいよ…。

しかし異世界ファンタジーで中世ヨーロッパをイメージしてしまうのは何でだろ? よくある昔話とかロード・オブ・ザ・リングとかのせいかな。ともかくも頑張ってみます。

2023/08/04

「いばらの城の姫」更新しました。

お姫様とくれば魔王──。ファンタジーの典型スタイルですが、一度こう言うのやってみたかったんです。せっかくファンタジーやるなら1作くらい王道パターンがあってもいいよね、と。展開が王道になるかどうかは分かりませんが(^^;。

そして以下お知らせです。やっと、やっとロイドが~~

Amazonで「ロイド1巻」を出しました!
A5判、223頁、表紙カラー、本文白黒。
ロイドが念願の紙の本になりました! 全4巻になる予定です。まずは1話~4話を収録した第1巻から。全巻揃うのはまだ先になりそうですが、2巻以降も順次出していくつもりです。紙の本はお値段が高いですが、スマホでは見られない見開き頁が楽しめるのがメリット。ロイドの頃はけっこう見開きやっていたので、それがやっと本来の姿で見られるようになりました~。

ロイド1

「ロイド 1」

Amazonで買えます!

1~4話収録。

WEBの再録なので描き下ろしはありませんが、印刷に合わせて原稿を微調整してるので、WEBとの違いを探すのも面白いかも。

2023/07/28

新作ファンタジー「いばらの城の姫」連載開始しました。44頁を予定してます。以前に描いた落書き「いばら姫」からイメージを膨らませてみた異世界ファンタジー。異世界系にしたのは既存の作品とテイストを合わせるためですが、内容的には重厚なものではなく、軽い冒険活劇みたいなのを目指してます。

ところで今作からちょっと文字が小さくなっておりますので、説明とお断りを…。

文字の大きさについて
これまではWEBが最終形態だったため、WEBで見た時の視認性・読みやすさを最優先して台詞の文字は大きめにしてきました。ですがWEBの大きさだと印刷した時に大きすぎてバランスが悪いんですよね。そのためこれまで出した本(近いうち出版予定の本も含めて)は印刷に合わせて文字を小さめに変更するという作業が発生し、これがかなり手間だった…。一括で変更できないので、数百頁を超える全ての頁で、1頁1頁いちいち変更…しんどすぎるわ~。

そこで今作からは最初から印刷に合わせた文字の大きさで行くことにしました。そうすれば印刷時にサイズ変更しなくて済むし。作品の最終形態がWEBから印刷に変わったためと言うことでよろしくです。

2023/07/21

漫画の部屋のギャラリーに「大ミステリー大会」アップしました。サイトトップ画も変更。

と言うことでお待たせでした、新作の連載を始める準備も整いました。特に問題なければ来週から始められると思います。今回はファンタジーを予定してます。

なぜファンタジーかと言うと、実はペーパーバックによる書籍化と関係がありまして…。本にするなら内容バラバラより、日常もの・SFなどにジャンル分けして編集した方がいいと思ったのですが、ここに来てSF抜きの純ファンタジーと呼べる作品がほとんどないことに気付きました(汗。これまで描いた作品で本に出来るファンタジーを探してみたらば…32頁と12頁の2作だけしかない!! 合計しても46頁。それはさすがに薄すぎるやろ…。それで急遽ファンタジーを増やさねば!と言うことに。

ファンタジーも好きと言いながら意外にファンタジー慣れしてなかったりするので、不安もあるけどともかくも挑戦してみようと思います。

2023/07/07

作品リストに「大ミステリー大会」アップしました。

作品リストではネタバレは控えているので無難な内容になってますが、未読の方にはこれでも作品案内になっているかな。日常ドラマは背景が大変でしたが、これもいい修行になりました。しかし自分では頑張って描き込んだつもりでも出来上がってみるとまだまだ足りないなー。修行の道が終わることはなさそう(笑。

今後の予定
実は次の連載用のネームはもう出来ているのですが、資料集めなどにもう少しお時間いただけたらと思います。遅くても8月には連載を始められるようにしたいので、今しばらくお待ち下さい。それと平行してロイドの書籍化もスタートしたいので、忙しい夏になりそうです。

2023/06/30

「大ミステリー大会」更新、全52頁で完結しました。まとめて3頁アップでフィニッシュです!

私には珍しく?SFなしの日常ドラマで初の50頁越えの作品になりました。メモリアル・バニーの派生ネタからこんなに頁数が増えるとは自分でも思ってなかったわー(笑。

今作の主人公はどちらかと言えば語り手的立ち位置で、その裏に美月ちゃんのドラマがあるという構成になってます。冒頭のモノローグが美月ちゃんなのはそのためです。なのでラストも美月ちゃんで締めて、冒頭とラストが呼応する構成にしてみました。同じ台詞でも最初と最後では違うよね──みたいに感じていただければ嬉しいです。

今回はエンタメ志向でしたが、もっと本格的にミステリーに挑戦してみるのもいいかな。これを機に自分の作品世界ももっと広げていけたらいいなと思ってます。

次週は作品リストに今作をアップ予定。今後についてはその時にお知らせしますので、よろしくです。

2023/06/23

「大ミステリー大会」更新しました。

美月ちゃんが18歳なのは「家出した姉」と重ねているからです。母子孫で同じことをやってるのは気質が似てるのかも?

さてミステリー大会もついに来週でフィニッシュ! 3頁まとめて更新する予定ですので、最後まで楽しみにしてもらえたら嬉しいです。

2023/06/16

「大ミステリー大会」更新しました。

無事アイテムも見つかったと言うことで、お話もまとめに入ってきてますが、ここでちょっと豆知識。

戸籍の附表で住所は分かる
父の相続手続きを全部自分一人でやったことがあるんですが(弁護士とかに頼むとお金かかるし)、その時相続や戸籍について調べて分かったことも今作の中に取り入れてます。

相続手続きの最初の難関が、相続人を全て洗い出すために「被相続人の産まれてから亡くなるまでの全ての戸籍(除籍謄本)を取ること」なんですが、これで隠し子とかも全部分かっちゃいます。今作では前妻の子ですが、戸籍には附表というものがあって、附表には「その戸籍になってからの全ての住所」が載ってます。これにて行方不明の相続人とも連絡が取れるようになっているのです。

豆知識ついでにもう1つ。相続人Aが相続放棄をした場合、Aの子に相続権が移るわけではありません。だから12頁の美月ちゃんの台詞は実は間違い。でも美月ちゃんには相続の知識がなかったので、「母が要らないなら子の私がもらえるはず」と単純に思ってしまったのですね。花山弁護士の反応が微妙だったのはそのためです。葉月さんから相続放棄の意思を示す大会辞退の返信が届いてましたから。

ペーパーバック価格変更について
話は変わりますが、20日からの印刷費値上げに備えて「時の声」を+10円、「いとしきものたちへ」を+30円値上げしました。「いとしきものたちへ」はかなりギリギリの値付けだったので30円プラスもやむなしです…。よろしくお願い致します。

2023/06/09

「大ミステリー大会」更新しました。

ついに大会最大の謎が!! そして今回は3頁更新です!
実は今回のお題、読者の方にも解けるよう考えてました(読者も参加できるミステリー!)。ヒントは絵の裏だけじゃない。大おばさんの台詞の中にもヒントは隠されていたのです。これまでの大おばさんの言動をよーく見返して下さいね~。

以下ネタバレですので更新ページを読んでから開いて下さいね。

やっぱりラスボスだったな、葉月さん(笑。
16頁の大おばさんの台詞をご覧下さい。

「父は部屋から動けなかったので、ヒントの設置は父の指示に従って私が行いました」

そう、体の弱っていた大じいちゃんは部屋から動けなかったのです。部屋から動けない人が隠せる場所はその部屋の中に限られます。この台詞に注意してれば、この家に初めて来て、屋敷のことなど何も知らない葉月さん・美月ちゃん(読者も含む)でも見つけられるようになっていたのです。が、皆さん絵の裏のヒントに引きずられて肝心なことを見落としていたようで…。動けない人が塔の3階の屋根裏なんかに隠せるわけないじゃん(笑。

これが「メモリアル・バニー」の時に浮かんだ派生ネタでした。ぬいぐるみを見当違いの場所を探す騒動…みたいのを考えたのですが、主題を親子ドラマに絞ったため泣く泣く不採用に。今作でやっと描くことが出来て満足です。

最大の謎は解けたけど、話としての整理はこれから。引き続き楽しみにしてもらえたら嬉しいです。

2023/06/02

「大ミステリー大会」更新しました。

美月ちゃんのペンダントについて。1頁目と11頁目をご覧下さい。美月ちゃんが初めてこの絵を見たときに固まったのは、こういうことだったんです。

小さな謎が少しずつ明らかになってきてますが、一番大きな謎についてはまだ…? 大丈夫です、作者忘れたりしてませんので続きをどうぞお楽しみに~。

2023/05/26

「大ミステリー大会」更新しました。

序盤でサラッと流された"一番上の姉"のことが徐々に明らかに。こういう事情でした。大おばさんは姉と10歳くらい離れている設定なので、当時のことを覚えていられたんです。
そして以下大事なお知らせ。

Amazonペーパーバックの値上げについて
Amazonペーパーバックの印刷コストが6月20日から値上げされます。昨今の事情を考えたらこれもしかたのないことだと思いますが、そのおかげで時の声」「いとしきものたちへの2冊も値上げを考えざるを得ない状況です…;。儲けを目的とした書籍化ではないので利益も少なく設定していたため、6月になったら価格改定を考えることにしました。5月の間は価格据え置きますので、もし購入を考えておられる方がいましたら5月中にお買い求めを!!

*絵本は値上げの対象にはなっておらず、ぬりえは値上げ後のコストで価格設定してますので、絵本とぬりえに関しては価格変更ありません。

2023/05/23

「趣味のお絵かき」にカテゴライズしにくかった絵本と幼稚園バザーポスターを書籍化することで、やっと長年の念願だったイラストの部屋の整理が完了しました。

イラストの部屋は漫画の部屋のコンテンツの1つになり、漫画に関係するイラスト(サイトトップ画、漫画作品のイメージイラスト等)の展示室に。漫画の部屋のその他コーナーからギャラリーへのリンクが張ってありますので、そちらからお越し下さい~。

倉庫はNoteのお絵かきカテゴリのコンテンツに。お絵かきカテゴリから倉庫へのリンクを張ることで、趣味のお絵かきと一体化。これでサイト用イラストと趣味のお絵かきを完全に分離することが出来ました。

書籍販売ページを新設
そして今後ペーパーバックが増えていくことを考えてBOOK(書籍販売)コーナーを新設。絵本と幼稚園バザーポスターはBOOKコーナーに移動しました。バザーポスターは無償では使えなくなりましたが、図案集としてきちんと本にすることで、これまでの悩みや不満は全て解消できたかなと思います。

いちいち使用許可を求めなくてよくなった
これまではいちいちメールで使用許可を求める必要がありましたが、これからは黙ってAmazonをポチするだけでOK。その点では敷居は下がったと思います。

お金を払うことで堂々と使えるようになった
幼稚園バザーポスターに限っては「本代=著作物の使用許可料」としています。お金を払って買ったものならば、利用規約の範囲内なら誰はばかることなく堂々とコピーできる。遠慮なくどうぞっ。

B4やA3などの拡大にも十分に耐えられる品質
ポスターに使うなら出来ればA3、最低でもB4は欲しい。しかしwebの画像は解像度が低くて拡大に耐えられない。高解像度版が欲しいと言われても、高解像度となるとさすがにタダというわけにはいかんだろうし、どうしたら…と悩みどころでした。A4に印刷された画像なら拡大に十分耐えられます。大きなポスターで目立ちましょう~。

漫画や絵本に関しては無理に買って~とは言いませんが(^^;、幼稚園バザーポスターぬりえに関しては「使いたかったら買え!!!」とビシッと言わせていただきます(笑。使われることを前提にした作品の場合、作者と利用者の間にきちんと取り決めが成立することが大事だと思うので、これでやっとそれが果たせたかなと思うのです。

2023/05/19

「大ミステリー大会」更新しました。

ミステリー大会最中の訪問者。その正体は…ってこんな書き方したらまるでラスボス登場みたいだな(^^;。それはさておき、こういうことだったんですよ~。

以下ちょっとネタバレ。

冒頭1頁目で美月が携帯の電源を切る場面がありますが、あの時かかってきてたのがお母さんからの電話だったのです。親との接触を断つことで自分の中で決意を新たにしていたんですね。

2023/05/12

「大ミステリー大会」更新しました。

問題の人形の行方は…あれ? あれれ?
と言うことで新たな問題が…? そして以下お知らせ。

Amazonで「時の声」を出版しました!
A5判、202頁、表紙カラー、本文白黒。
Amazonの紙本第2弾です。今回の表紙はマット仕上げにしてみました。

以前に時間をテーマにしたSF:時の声シリーズとして中短編3作を描きましたが、新作が増えるにつれて結局埋もれてしまったので、ピックアップも兼ねて紙本2作目はこのシリーズに。「アリスの時間」「午前10時のママ」「時の声」そしてこれらの作品の元になった「竜宮」を加えて4作を1冊にまとめました。

後書き漫画が2頁付いてますが、WEB漫画の再録が目的なのでこの本だけの描きおろし作品というものはありません。純粋に紙でも読んでみたいという方のための本です。興味がありましたらよろしくです。

「時の声」

Amazonで買えます!

これで200頁越えの本もクリア出来たので、いよいよサイトの目玉作品、ロイドやエクダに取りかかりたいところですが、次のWEB連載用の話も考えなければいけないので、第3弾はもう少し先になりそうです。

2023/05/05

「大ミステリー大会」更新しました。

人形が落ちた窓の下はこんなところでした。ここは二間続きの和室(悠斗たちが弁護士から説明を聞いた床の間のある座敷・その隣の食堂に使われてる座敷)とは反対側になります。縁側のある和室っぽいですが、誰の部屋かな…。大おばさんかも?

余談ですが、大おばさんはずっとこの屋敷に住んでいたという設定です。長男と次男が仕事の都合で家を出てしまったので、結婚した大おばさんがマスオさん状態で親と同居していたと言う設定。今は子どもたちは独立し、夫も他界、母も父(大じいちゃん)より先に亡くなったので、しばらく大じいちゃんとの2人暮らしでしたが、このほどの相続発生で今はこの広いお屋敷に1人暮らし。娘から呼ばれてるので、相続完了後は娘の家に行く予定になってます。

2023/04/28

「大ミステリー大会」更新しました。

ここで悠斗にとってのクライマックス到来。自分の想いに気付き、それを解放できる瞬間っていいなと思う。

しかし「ミステリー大会」としてはまだ話は終わっていないので(まだ中盤です)、赤い姫の行方、大会の行方にどう決着がつくのか、引き続き楽しみにしていただければと思います。

2023/04/21

「大ミステリー大会」更新しました。

危ない、危ない。よい子は真似しちゃ駄目よ!

ここ、最初はストンと塔が地面から伸びてる設定だったのですが、さすがに危なすぎるわと1階の屋根を下に描き足しました。なのでいったん1階の屋根にバウンドする形にはなってます。

KDP本も次の本の準備を始めてますが、次は200頁越えになる予定なので、これは大変だわ、時間かかるわ、出来る時に少しずつやっていくしかないな~。

2023/04/14

「大ミステリー大会」更新しました。

「赤い姫」が誰の手に渡るのかと思いきや…?
まだまだそう簡単には事が運びそうにないです!?

塔の部屋の窓は二重構造になってるようですね。外側は鎧戸、内側がガラス戸になってます。1つだけ開いていた理由は…大おばさんが換気のために開けていたか、絵を探しに来た誰かが開けたのか…その辺は想像にお任せします(コラ^^;。

2023/04/07

「大ミステリー大会」更新しました。

ついに探していたアイテムが…!?
そしてミステリー大会が佳境に突入しようとする最中に、お知らせが。

Amazonで紙の本を出しました!
「いとしきものたちへ」A5判、110頁、表紙カラー、本文白黒。
南小学校を舞台にした短編5作(メモリアル・バニー/12本のロウソク/おじいちゃんの宝物/みなみ山のポン太くん/いとしきものたちへ)を収録した漫画単行本です。ペーパーバックなのでカバーはありません(同人誌仕様ですね^^;)。この頁数の漫画本としてはお安くはないですが、夢だった紙の本を出せて満足です。

基本はサイトで無料公開している作品の再録ですが、おまけとしてサイト非公開の描き下ろし漫画12頁が付いてます。5作品の登場人物がクロスオーバーして出演してます。もし読んでみたいと思われる人がおられたら、買っていただけたらとても嬉しいです!

実はこれ、サイト22周年記念企画になるはずだったんですが、Amazon KDPの仕様とPDF原稿の作成に手間取って予定が大幅に遅れ、とうとう発行が4月になってしまいました。2ヶ月遅れの周年企画ですが、苦労しただけあっていい出来になっていると思うので、気にとめていただけたら嬉しいです。表紙イラストもこの本のために新しく描き下ろしてます。

「いとしきものたちへ」

Amazonで買えます!

なお、これから先、サイトの作品を順次紙の本にする計画を立ててます。時間はかかると思いますが、描いた作品を全て紙でも読めるようにするのが今の夢です。

2023/03/31

「大ミステリー大会」更新しました。

このお屋敷を描くのに苦労したのはこのためです。純日本家屋に洋風の変な塔が付随している…そんな設定の家の写真なんて探しても見つからない。それでしかたなく自分でそれっぽいものを考えて無理矢理描きました…ということでした。

問題の塔の中は、部屋の様子を分かりやすく描写するために敢えて透視図法は無視してます。そのため微妙にデッサン狂ってますが、気にせず見てやって下さい(^^;。

2023/03/24

「大ミステリー大会」更新しました。

ついにヒントが…!?

と言うことでミステリー大会も第2ステージ突入!?
さあ、一番に「隠されたあるもの」にたどり着けるのは誰かっ!?

2023/03/17

「大ミステリー大会」更新しました。

皆さんヒントの絵探し真っ最中。集合しちゃったのは話の都合な部分もなくはない…(^^;。こういう所って値打ちのありそうな昔の壺とか掛け軸とかもありそうですが、今は全員絵だけに集中状態ですね。誰よりも早くヒントを見つけたいでしょうから。

2023/03/10

「大ミステリー大会」更新しました。

このお屋敷は元地主かなんかで広い土地に大きくて複雑な建物が複数建ってるという設定。母屋は増改築の繰り返しで迷路みたいになってる。離れもあって、離れだけで普通の家一軒レベル。でも地方の田舎なので土地代は都会よりずっと安い。しかし悠斗たちから見ればまあそこそこ。そんなところですかね。

昼のお食事室。14頁のコピペで済まそうかとも思ったけど、昼と夜の違いを出したくて、また一から描きました。障子が開いて縁側と庭が見えてます。

頁トップへ▲