TAEKO.ORG
TAEKOのアトリエ

NOTE / サイト日誌

全部開く 全部閉じる

2021/07/02

漫画ページのCSSを少し変更しました。WCRなどの投票バナーがなくなって、サイドバーの必要性を感じなくなってきたので、シンプルな1カラム表示に変えました。作品タイトルなどはページの上部にカーソルを持って行くとオーバーレイで表示されます。この機会に以下の変更も実施。

NEXT・BACKの向き
これは前から気になっていたんですが、漫画は縦書きで右綴じの作りなのに、ページ送りが横書きに合わせたもの(左綴じ・左開き)になっていたんですよね。WEBは基本横書きなので何となくこうしていたのですが、やっぱり右から左へ読み進めた場合、左側に「次へ」のリンクがあった方が自然だろうと。で、思い切って「次へ」を左に、「戻る」のリンクを右に変更しました。これまでとは逆になります。それに伴い、NEXT・BACKボタンの画像も変更しました。表示がおかしい場合はリロード(再読み込み)して下さい。それでもおかしい場合はキャッシュを削除してみて下さい。

見開きページについて
スマホで漫画を読む時代が来る前に作ってしまった見開きページ。これまでは無理矢理スライドさせて表示していたけど、やっぱり読みにくい。そこでパソコン用とは別にスマホ用の画像を用意して、パソコンとスマホで画像を切り替える方法に変えました。スマホ用は見開き画像を2つに分割したものなので、レイアウトがちょっと苦しいところはありますが、話の筋は通ると思います。画面幅を狭くしたらパソコンでもスマホ用画像を見ることが出来ますので、興味のある方はどうぞ~。

2021/06/18

作品リストに「帰還」アップしました。

作品リストではネタバレは書かない方針なので内容にかかわる裏話とかは特にないのですが、その代わりに初トライしたデジタルペン入れへの感想などを書いてます。それについてちょっと捕捉などを。

WEB漫画の場合、アナログでどんなに美しく仕上げても最終的にはデジタルにならざるを得ないんですよね。印刷ならアナログの筆致をそのまま再現してくれますが、WEB漫画ではアナログをデジタルに変換した時点でそれは無理。しかも白黒原稿をデジタル化するのが実はけっこう難しくて、細い線がきれいに出るようにしたら主線が太ってボテボテになるし、主線をちょうどいい太さにすれば細い線が飛ぶ。 主線に調整を合わせたため細い線が全部吹っ飛んで、スキャン後に大量の細くて長い線を手ぶれ補正のないPhotoshopで1本1本描き直すという地獄みたいな状態に陥った作品もありました(アナログで描いた意味なし)。それなら最初からデジタルで描けば主線も細い線もちょうどよく描けて無駄な苦労もしなくて済むのではと思うようになってきて…。

そこへコロナも重なってフルデジタルへトライする流れになったのですが、私にとって「そういう時期」が来たということかもしれませんね。まだ描き慣れていないところもあるデジタルペン入れですが、クリスタも買ったことだし、トライを重ねてデジタルでの自分の線を見つけて行けたらと思ってます。

今後の予定
まずはクリスタの使い方を知ること。しばらくは練習落書きが続きそうですが、ある程度分かってきたら何か作品を描いてみるつもりです。

2021/06/11

「帰還」更新、全34頁で完結しました!

漫画連載としては「アリスの時間」から1年半以上経っての再開だったかな。フルデジタルに挑戦してみよう!?と思いついたのがきっかけでした。お試し落書きで「描けそう!?」と思うが否や、もう我慢できなくなって、漫画制作ソフトを試す時間ももどかしく手持ちのソフトで怒濤のように描き始めてしまったのが本作。一から新作を練っていたのでは間に合わん~ということで過去作のリメイクという形になりましたが、それでも最低限の見直しはやりました。

以下はネタバレなので更新頁を読んでからどうぞ。

実は。元作品「ひとり祭りの夜にふるは…」では、ヒロインが帰りを待っていたのは父ではなく兄だったんですね。主人公はおっちゃんに頼まれて娘に会いに行くのではなく、親友に頼まれて親友の妹に会いに行く、という話でした。しかも親友は試験管ベビーで宇宙で産まれて地球など行ったこともないというオチで、主人公は親友の脳内妄想(親友は本で読んだ地球の自然と村に憧れて脳内で好き勝手に自分に都合のいい妹と故郷を創作)の世界に入り込んでいた…という顛末になっていました。しかし今の自分がこれをそのまま描くにはさすがに違う感があった。

そこでテーマを少し変更し、妄想ではなく現実に存在する故郷を描くことにしました。そのための設定が時空移転実験。おっちゃんの心の底には亡くした娘への思いが残り続けていた。もし時を超えられるなら娘を助けに行きたい──とずっと思っていただろう。その気持ちが実験の暴走にシンクロし、おっちゃんの故郷を訪ねる気になっていたヒロも巻き込んだ。ヒロとおっちゃんが村に現れるのに時間差があったのは、それぞれの認識の差違によるものです。ヒロは自分が訪れるであろう時間帯に飛んだので(というかそれしか無理、娘の事故のことは知らなかったし)午後~日暮れ前になったのですね。おっちゃんは娘の事故を知っていたので、ピンポイントで事故現場に現れることが出来たのです。

タイムワープに関しては平行世界論を取り入れてます。ヒロとおっちゃんが10年前に現れたことで時間軸が枝分かれする可能性が生じ、おっちゃんが娘の命を救ったことで、娘の助かった世界線が生じて確定した。おっちゃんはそのまま新しい世界線に残り、ヒロは元の時間軸に戻って来た。だからヒロはもう真奈には会えません。ヒロの会った真奈は違う世界にいるので。

ではヒロには何が残ったのか? 元作品では主人公は最後まで傍観者でしかなかった。だけどリメイクではヒロにもささやかなドラマを用意しました。ヒロのラストの台詞に今回私の描きたかったことが集約されてます。元作品とは違うところがあっても、今の私に描ける物語になったと思います。

次週は作品リストに今作をアップ予定。その後については…色々考えてることがありますので、詳しくはまた後ほど。よろしくです。

2021/06/04

「帰還」更新しました。

登場人物の推測と言う形で語らせてますが、この場合の「推測」は「それで合ってる」と考えてもらって差し支えないです。夢オチでは説明つかないですから。SF部分の詳しい解説は次回にて。

と言うことで、「帰還」もついに来週でフィニッシュです!
最後まで読んでいただけたら嬉しいです~。

2021/05/28

「帰還」更新しました。

オチパートに入りました。 今頃になって最初の頃の伏線が…。そして明かされる衝撃の事実!?

以下、簡単な捕捉など(ネタバレかもなので、更新頁を読んでから開いて下さいね)。

時空移転実験。そんな話題、ありましたね~。事故の件は実は6頁目に伏線あります。1コマ目、2人の後方に光がありますが、それが事故発生時です。2コマ目、光が大きくなってあの直後に巻き込まれたことになります。まだ話の途中だったので、ヒロくんは娘さんのことを詳しく聞く前に巻き込まれてしまったという次第。

2021/05/21

「帰還」更新しました。

これってどういうこと…?になってると思いますが、続きをお待ち下さいということで。

画像の回転
27頁1コマ目のような場合、そのままでは描きにくいので、紙をくるっと回して上下逆さまにして描くことになります。メディバンペイントではナビゲーターのスライダーを左右に動かすことでキャンバスを任意の角度に回転させることが出来るので(1クリックで済む)、フォトショ(回転ビューツールを選択してからでないと回せないので2クリック要る)よりは手間かからずに回せますね。

2021/05/14

「帰還」更新しました。

もうクライマックスパートに入ってきてるので、私の方からは特に言うことなし…。
読んでやって下さい~~。

2021/05/07

「帰還」更新しました。
ヒロくん、ついに…? 真奈の反応は!?

この辺はほぼ元作品のイメージ・コマ運びを踏襲。集中線はメディバンペイントのトーンや集中線定規をちょっと使ってみたり。定規だとけっこうアナログっぽくなりますね。

2021/04/30

「帰還」更新しました。

じいちゃん衆が着ているのは祭のはっぴなんですが、模様を描くところまでコマが取れなかったなあ。おばちゃんたちの着物は手持ちのトーンの使い回しです。

ここまでズルズルきてしまったヒロくんも、そろそろこの村へ来た目的を果たさなきゃいけないんですが、さて…?

2021/04/23

「帰還」更新しました。

元作品ではヒロインは「主体がなくてただ待つだけの存在・待つことが目的になっていて、何故待つのか待つことが自分にとってどういう意味を持つのかが考えられていないお人形キャラ」でしたが、リメイク版では「村の再生」という具体的な夢を持つ女性にしました。ただ、旧作がお人形キャラだったのには一応理由もあったので、その辺が旧作とリメイク版との違いになってますね。

着物について
やっとヒロインがサイトトップ画の姿にー! 着物はリメイク版のオリジナルです。「マヤの惑星」のリメイク時にも着物を着せたいな~と思いつつ実現しなかったので、今作でその思いを果たすことにっ。季節は夏ではなく初秋なので、浴衣(ゆかた)ではなく紬(つむぎ)です。普段着なので帯も簡略化してます。柄は若い子らしくチェックにしてみました。このチェックは自作で、体の大きさに合わせて拡大縮小して使ってます。直線だけの単純な柄は拡大縮小時にニアレストネイバーを使えば劣化なくきれいにリサイズできます。

花素材
メディバンペイントにかわいいコスモスのトーンがあったので使ってみました。けどコスモスを切り取って絵に大きさを合わせて配置するのに一苦労。拡大したらボケるし、着物柄のように簡単にはいかなかった…。でも苦労の甲斐はあったかなと思ってます(^^;。

2021/04/16

「帰還」更新しました。

この辺はヒロインの夢(将来の夢・希望)につながる展開なので、さらさらと読んでいってやって下さい…。

メディバンペイントは線画のみなので、盆送りの川の流れとかはPhotoshopでやってます。18頁最初のコマの点描はPhotoshopでPNG-8に減色する時にWEB制限の誤差拡散を利用して作成したもの。WEBならではの技です。

2021/04/12

イラストの部屋とブログ(Note)の使い方をちょっと変更。

イラストに関して実は以前からずっと気になっていたことがありまして…。うちはWEB漫画サイトですが、絵を描くのも好きなため、サイト趣旨とはあまり関係のない「趣味のお絵かき」が多過ぎるのではないかと。そのせいか過去にはイラストサイトと間違われたこともありました。サイト趣旨をはっきりさせるため「趣味のお絵かき」は「倉庫」と名付けたコーナーに上げてきましたが、新作なのに倉庫って何だよ~みたいな違和感も拭えず、それもずっと気になる要因に。

「桜吹雪」をアップした時にその思いがいっそう強くなったので、いっそのこと「趣味のお絵かき」は全部Noteにまとめてしまってもいいのではないかと思うようになりました。雑記の延長のようなお絵かきはサイトのコンテンツではなくNote(ブログ)のコンテンツにするということです。タグも上手く活用できているみたいだし、今ならそれが出来そうだなと思い切ることに。そのためにNoteをイラストギャラリーとしても使えるようにちょっと改修。横に大きな絵も載せられるようになりました。「桜吹雪」もNoteに移動。

これからはサイトとは関連のない「趣味のお絵かき」はこちらでアップしていきます。そうすることでNoteももっと活用していけるのではないかと思うのです。絵も漫画絵だけでなく、色々なタイプの絵を描いてみたい。雑記の延長としてのお絵かきを気ままに楽しんでいければ…と思ってます。

2021/04/09

「帰還」更新しました。

あまり大きな動きはないですが、お話は静かに進行中。元作品ではこの村は落武者の隠れ里と言うことになっていましたが、そうする理由も必然性も何もなかったので、そこは割愛しました。なんとなく雰囲気を出したかっただけなんだろうな~。ちなみに案内できるようなところは神社くらいで、他には何もない田舎です。

2021/04/02

「帰還」更新しました。

やっぱりアナログ・デジタル問わず定規を使うシーンの方が時間かかるわ…。ところで、この家の間取りというか室内の家具配置ってどうなってるのかな。庭の反対側にタンスがあって、庭から見て左側に床の間? 庭から見て右のふすまは押入ではなく続きの和室。多分。

2021/03/26

「帰還」更新しました。

今回の更新分では室内を描くのに透視定規が大活躍してくれました。でも描くのにかかった時間はアナログと大して変わらなかったかな…(要するにアナログ・デジタルを問わず室内を描くのは手間かかるってことで)。

メディバンペイントの透視定規
透視定規は便利ですが、メディバンペイントには1点透視しかありません。2点透視や3点透視で描く場合は、消失点ごとに定規を「保存」して、保存した定規を切り替えながら描くことになります。縦の直線も垂直定規に切り替えないと描けないので、けっこう手間がかかる…。1つの定規で全部描けたら便利なんだけどなー、そういう機能を付ける予定はないですかね~。

2021/03/19

「帰還」更新しました。

やっとヒロイン登場。トップ画の女の子です。この子の髪の毛は片側だけで結んでいる感じ。ハンコ顔で見分けが付くようにするにはまだやってない髪型にするくらいしか…(汗。顔の描き分けなどもまだまだ精進が必要ですね。何歳になっても精進が果てしなく続くのはいいことじゃ~きっといいことじゃ~(と思うことにする;;)。

トーンについて
WEB漫画では網トーンは使わないのですが(モアレになるため)、モアレの心配のない柄トーンなら時々使います。今回は怪しい男の服にメディバンペイントに入ってたカケアミトーンを貼ってみました。初期状態で最初から入ってるトーンだけでもけっこう数があるので、私にはこれだけでも十分足りそう(ちなみにメディバンペイントは会員登録すればネットで配布されてる素材が全て使えるようになる)。

ウニフラッシュ
20210319.jpg←こういうヤツですね。 手描きだと激しく面倒くさいのですが、メディバンペイントにはこれがドラッグ一発で描ける機能が付いていた! メディバンを入れたのはもう何年も前なのに、今まで全然気付かなかった!! 知ってたらもっと早く使っていたものをを~。フィルターに入ってます。線の密度やランダム具合など、細かく調整できるのも嬉しいです。

2021/03/12

「帰還」更新しました。

実は6頁と7頁は見開きで見た時がベストになる構図なのですが(近未来的な宇宙空間から流れるように地球のおっちゃんの故郷へといざなう構成)、スマホで見開きは難しいので、しかたなく1頁ずつ見てやって下さい…な形になってます。

ここでもさりげに透視定規が活躍。アナログだと消失点が遠い(原稿用紙の外)場合は、それっぽく見えるように適当にパースつけて描いちゃうこともあるんですが、デジタルだときっちり消失点が決まるから、なんか正確~な感じになりますね。

ふちペン
メディバンペイントにはPhotoshopにはない変わったペンがあって、ペンの周りにふちが付くんです。最初は使いどころが分からなかったけど、草とかに使えるんじゃないかと思ってやってみたらこれがけっこういける。

20210312.jpg

てことで、さりげなく多用してます。筆圧で入り抜きも出来るし、なかなか面白い。

2021/03/05

「帰還」更新しました。

軌道衛星ステーションの全貌を描けるコマを取れなかったのは残念…一応ラフで全体図のイメージは作ってはあるんですけどね。もっともステーションの全貌を描くとなったらそれはそれで超大変な気もしますが。

近未来なので宇宙服とかはモコモコ姿ではなくシンプルな形にしてます。「今」を参考にしてしまうと、現実が空想を追い越してしまうので、あり得ないくらいがちょうどいい。ただ遠い未来ではなくて近未来設定なので、現実の延長感も欲しい。6頁目の飛行機は翼の形を変えることで見慣れたような違うような、そんなイメージで描いてます。

透視定規
この定規のおかげでビル群とかが描きやすくなりましたねー。メディバンペイントでは下絵に合わせて線を2本引くだけで消失点が自動で決まるので、絵のはるか外に消失点がある場合でも大丈夫です。

2021/02/26

「帰還」更新しました。

表紙が出ました。と言うことで、タイトルは「帰還」です。これは「ひとり祭りの夜にふるは…」をリメイクするならこのタイトルにすると前から決めてました。

で、今現在主人公たちがいるのは宇宙ステーションなのですが、今回は軌道エレベーターを取り入れてみました。静止軌道上の宇宙ステーションから地表へケーブルがつながっており、ケーブルの軌道伝いに地球と宇宙ステーションが行き来できるものです。今作では「軌道衛星ステーション」と表記してます。

軌道エレベーターのいい所はいちいちロケットを使わなくてもエレベーターで宇宙へ行き来できることですね。実現の可能性もあるようなので、未来に期待したいところ。地表からステーションへは、エレベーターのスピードにも寄りますが、数日はかかるようなので、宿泊設備付きの豪華客船みたいな大型のエレベーターで宇宙へ何泊何日のクルージング…みたいなことも出来そう。今作はそういう時代の設定と思ってやって下さい。

メディバンペイントのブラシ
ペン入れはメディバンペイントにデフォルトで入ってるGペンと丸ペンを使用。アナログ時と同様に主線をGペン、細い線を丸ペンで描いてます。ブラシのサイズは、Gペンが15~20、丸ペンが10。これはアナログペン画をA4白黒二値600dpiでスキャンした時の太さを参考にしてます(原稿サイズは同人誌用のA4にするか、投稿用のB4にするか悩みましたが、まずはデジタルに慣れるところから始めようと、A4からトライしてみることにしました)。メディバンペイントのGペンはアナログのGペンと書き味が似ており、けっこう描きやすい。

メディバンペイントで白黒二値
WEB漫画だけど、印刷にも対応出来るように原稿は白黒二値600dpiで描いてます。メディバンペイントで二値にするには、アンチエイリアスをオフにするか、1bitレイヤーを使うかですね。フィルタの効果を使う時はアンチエイリアスをオフにしていても通常レイヤーではアンチエイリアスがかかってしまうので、1bitレイヤーの方がいいかもしれない。うっかりアンチありの線画を描いてしまった時も1bitレイヤーに変換すればアンチエイリアスがなくなります。

2021/02/19

サイト20周年ありがとうございます。もう20年だなんて光陰矢のごとし…。今回は記念イラストや何かの企画ではなく、この日に漫画再開(新連載スタート)することで節目としたいと思います。更新はこれまでと同じく毎週金曜日に行う予定です。

連載コーナーを作るに当たり、CSSもけっこう弄くったので、表示が崩れて見える場合は再読み込み(リロード)して下さい。よろしくです。

てことでついにフルデジタルへの挑戦開始! 話については、地元の伝説を描いてみてはどうかとのアイデアもいただいていたのですが、そちらはまだいいストーリーが浮かんでないので、まずは過去作のリメイクでトライしてみます。過去作と言ってもサイトでは未公開なので新作扱いでかまわないかと思っています。話の流れは元作品(同人誌発表作『ひとり祭りの夜にふるは…』リスト参照)とほぼ同じですが、若い頃に描いた作品なので、今の自分でも納得できる展開になるように少しだけアレンジを加えてます。旧作を読んだことのある方でも新作気分で読めると思いますので、是非。

フルデジタルへの流れ
パソコンでペン入れしてみようと思ったものの、さすがに下書きまでフルデジタルはまだキツイので、ネーム・下書きはアナログ、下書きをスキャンして清書(ペン入れ)からデジタルで…という形にしました。

これまでの作品とフォーマットを揃えたかったので、下書きをスキャンしてレイアウトを整え枠線を引くところまでは使い慣れたPhotoshopで行い、ペン入れのみをメディバンペイントで、ペン入れ後はPhotoshopに戻ってトーン貼りと調整、という手順を取りました。今回はペン入れだけに使ったメディバンペイントですが、実は漫画描き用の機能も揃っていた!という、無料なのに凄いソフトです。

円定規・楕円定規・曲線定規
1頁目からいきなり活躍してくれたのが、円・楕円・曲線定規。円はともかく、雲形定規で描いてきたような曲線とかどうやって描くんだ!?そもそも描けるのか!?と心配だったのですが、凄い定規機能があるじゃないか…。絵に合わせて任意の曲線を作ることも出来ます。そしてデジタルならではの強みはインクボタの心配がなくなったことですね。アナログで定規を使うとインクが乾ききらないうちに定規を動かしてしまい「擦った!!」という失敗をしばしばやってしまうので、その恐れがなくなっただけでもありがたいです。

サイト日誌がメディバンペイント日記になりそうな気配もありますが(^^;、漫画共々楽しんでもらえば幸いです。

2021/02/12

イラストの部屋に「マヤの惑星(リライト版)」アップ、サイトトップ絵を新作漫画のイメージ画に変更(似たような構図・配色のためあまり雰囲気変わってない気もしますが^^;)。

ということで、次週から新しい漫画の連載を始めます! きっかけはメディバンペイントで線画を描いてみて行けそうだと思ったことから。クリップスタジオも視野に入ってますが、まずは手持ちのソフトでどこまで出来るか試してみたくなったのです。ちょうど来週の金曜日が2月19日でサイト20周年に当たるので、20周年記念も兼ねて連載スタートするのもいいなと。

ただデジタルペン入れを思いついたのが去年の年末で、新作を一から練るには時間が足りない。そこでサイト未公開の過去作をリメイクすることを考えました。選んだのは「ひとり祭りの夜にふるは…」です。いつかリメイクしてみたいと思っていたこと、34頁と頁数が短くて練習用にもいいんじゃないかと思ったこともあって、頑張ってトライしてみることにしました。

詳しくは次週にて。今しばらくお持ち下さい。。

2020/12/25

コミックルームが消えているようなので、いったん投票バナーを外しました。ドメインはまだ生きているようですが、復活されないのかなあ…。

コミックルームさんもWCRさんと同様、サイト開設時からお世話になりました。大きなWEB漫画ポータルが2つも消えてしまって寂しいです。。今までありがとうございました。もしも復活されることがあったなら、その時はまたお世話になりにいきます~。

2020/10/23

漫画の部屋の制作裏話・実務技コーナーにCG技2点をアップしました。これもNoteからの移設です。「時の声」の更新日誌に載せていたもの。ちょっとしたテクニックですが、覚え書きしておくと便利なので。

リニューアルに伴うサイト調整もこれでだいたい終わりかな。2年くらい続いた忙しさも一段落したので、ぼちぼち漫画再開に向けて動き出したいところですが、案を練り出すところから始まるので、具体的になるのは大分先になりそう…。絵日記や落書きは気まぐれに描いてると思うので、よろしかったら時々覗いてやって下さい。

2020/10/19

漫画の部屋のパロディコーナーにセルフパロディを6点アップしました。これもNoteからの移設です。作品リスト再アップの時に更新記事の中でおまけとして載せたもの。パロコーナーはこれまで頂き物のパロディ作品1点しか置いてなかったのですが、こんな形で充実するとは思ってなかったわ~(^^;。

気まぐれ雑記の見直し
ブログもタグ機能を使ってサムネイル表示すれば埋もれた記事も浮上することに今さらながら気づきました。それで過去ログに移した雑記の中から残したい記事を選んでデータベースに復帰させてみました。漫画の更新のない時はNoteをコンテンツとしてもっと生かせないかと考えていたので、しばらくこの方法を試してみようと思います。

2020/10/12

漫画の部屋の制作裏話にエクダ・ロイドの設定画やペン入れ前の下書きなどを数点アップしました。ペン入れ前・ペン入れ後の比較とかけっこう面白いんじゃないかな。

これはブログの再編成により過去ログに埋もれてしまったコンテンツを救済するためのものです。サイト日誌(旧更新日誌)の中で制作裏話を書いても、それがタイトルに書かれているわけじゃないし、いったん埋もれてしまったら私ですら探し出すのは困難。それもあって見つけやすい場所にまとめました。

ブログももっと上手く活用できないかなあと考え中です…。

2020/09/22

ずっと前からやりたくて、数ヶ月かけてコツコツ作り込んできたサイトリニューアルがやっと完成しました! 運営歴が長いためこれまでにも何回か大きなリニューアルを繰り返してきましたが、今回のリニュポイントは以下。

・ブログ(Note)の整理と再編成。
・拡張子「.htm」を「.html」に統一。
・index.html(index.htm)の正規化。
・サイト構成の見直しとデザインリニュ。

ブログ(Note)の整理と再編成
記事数が増えすぎて重たくなってきたので、2019年以前を過去ログに移しました。ブログの構成も昔に設定したっきりだったので、思い切って見直し。カテゴリ分けしてても結局は「更新」も「雑記」も一緒くた状態だったので、これからはもう少し区別をつけるように心がけたいです(^^;。なおこの再編成に伴ってかなりのURLが変更になってます。リンク切れしてる場合はサイトトップから入り直して下さい。

拡張子「.htm」を「.html」に統一
これも前から気になってまして。2001年からやってるおかげで昔の名残を残す「.htm」とMTを取り入れた頃から増えだした「.html」が混在状態でした。拡張子を変えるのは大事なので、なかなか手が出ませんでしたが、この機会に思い切って英断。おかげでURLの大部分が大変更!状態になってます。一応、自動で「.htm」から「.html」に飛ばすようにしているので、多分アクセスには問題ないとは思いますが、おかしなところがあったらお知らせ下さい。

index.html(index.htm)の正規化
これも前から気になっていた案件でした…。「comic/index.htm」じゃなくて「comic/」にしたい。しかしローカルではindex.htmが付かないとアクセス出来ないので、やむを得ずindex.htmを付けていた。でもこれだと「comic/index.htm」「comic/」の両方でアクセス出来てしまうので検索エンジン的にまずい。どちらかに統一した方がいいのは分かっていたのですが、今回やっとディレクトリはindex.htmなしの「/」で終わるアドレスに出来ました。

サイト構成の見直しとデザインリニュ
ハンバーガーメニューやめました。それよりストレートにコンテンツにアクセス出来た方がいいだろうと。サイドバーもやめて(どのみちスマホではサイドバーにならないし)、シンプルに1カラムに。その代わり横幅を広げて字も少し大きくして、パソコンの広い画面を生かせる作りにしてみました。スマホからだと「サイトの色がオレンジから赤に変わっただけ」に見えると思いますが、パソコンで見た場合の画面効率はよくなったんじゃないかと思います。赤色も前から一度はサイトに使ってみたかったんです~てことで今回は思い切って赤をメインカラーに。なおメニューのアイコンは今までスマホでしか見えない仕様になってましたが、この機会にパソコンでも見えるようにしました。

サイト構成の見直しで消えたものあり、復活したものあり、URLも変わったもの(けっこうたくさん)ありで、下位頁を直接リンクやお気に入りに入れてたらリンク切れが発生している可能性があります(汗。ですので(昔から下位頁は変動するのがデフォのサイト;)リンクやブックマークは出来るだけトップページ(https://taeko.org/)にお願いしますね。パーマリンクは永久に変わらないもの、と言われたって、そんなの無理だよなあ…。

なお今回のリニュではCSS3もどんどん取り入れてます。IEの動作確認はIE11でしか行っていません。IE10以下への対応はもう切り捨てましたので、ご了承を~。

ちなみにトップ画はリメイクマヤのイメージで今回のリニュ用に描き下ろしたものです。時々はトップ画も入れ替えないとね…。

2020/08/21

●イラストの部屋の倉庫に残暑見舞いイラスト「鏡の海へ」アップしました。

残暑お見舞い申し上げます。

鏡の海へ
↑クリック(タップ)でイラスト頁へ飛びます。

暑いですね~あまりに暑いので、残暑見舞いイラストを描いてしまいました(残暑ではなく暑中と言いたい気分だけど^^;)。ハガキに刷ってる余裕がないので、今年の残暑見舞いはWEBのみです。

フィルター使いまくりですが、一時の涼を。

2020/04/02

●イラストの部屋の倉庫に花見イラスト「桜なわとび」アップしました。

桜なわとび
↑クリック(タップ)でイラスト頁へ飛びます。

花見へ出かけない代わりに桜の花びらのカスタムブラシ作ってみました。そのブラシで桜を舞い散らしてみたイラストです。桜ブラシを使うためだけに描いたようなものなので、中身はほとんどありませんが(^^;、よろしければ花見をしたつもりになってご笑覧下さい。

一応、服は桜の花びらがモチーフで、手足のタイツは枝のつもりです。これはアナログなしのオールタブレット。気楽に落書き、の気分で描きました。

2020/02/19

●イラストの部屋の倉庫にサイト19周年イラスト「ルート19」アップしました。

ルート19
↑クリック(タップ)でイラスト頁へ飛びます。

サイト19周年ですが、出来れば漫画か絵本でも…と思うも時間が取れず、今年はイラストに。キーワード「19」をどこにどうやって入れようか…と悩んだ末に標識になりました。魔法修行中の女の子が国?道19号線で道を調べてる…てイメージで。標識がルート19になってますが、絵の中にも「19」の文字が隠れてます(やや変形だけど分かるよね?標識が三角ではなく丸なのはそのため)。今回は下書きのみアナログでフォトショップで線描き清書にトライ。

なお、イラストのルート19は架空の道ですが、実際の国道19号線は私も利用したことがあり、描いてて懐かしかったです。

WCR終了~今までありがとうございました。
サイト立ち上げ時からお世話になってきたWEB漫画投票サイトWCRが2月7日で終了してしまいました…。この場を借りて感謝の気持ちをここに。今まで本当にありがとうございました。時代の流れを感じますが、当サイトはこれからもマイペースで出来るところまでやっていけたらいいなと思ってます。

頁トップへ▲