NOTE / DIARY

サイト情報とか雑記とか。気まぐれ絵日記のログはこちらです。

New Images

アリスの時間トップイラスト

●イラストの部屋に「アリスの時間」アップしました。

190906.jpg
↑クリック(タップ)でイラスト頁へ行けます。

今のところはまだ次回作が具体的になってない状況なので、ひとまずトップ絵を差し替えることにしました。イラスト頁ではアリスの全身像が拝めますです。

それまでの間は当面Note中心で、気まぐれ雑記などをぼちぼち載せていこうと思ってます。なるべくコマ漫画形式で描けたらいいんだけど、どうかな…。時々覗いてやって下さい~。

サイトのデザインリニュをしたい気持ちもあるけど、さて…。

倉敷天文台で木星と土星を見てきた

倉敷天文台

ようやくつまらない夏をリベンジし、倉敷の天文台に行ってきました! 倉敷天文台は民間の施設で、なんと倉敷市の街中にあります。美観地区から歩いていける場所なのです。普段は予約が必要ですが、夏休みに期間限定で無料の天体観望会をやってくれています。

実は私、「時の声」を描いておきながら、肉眼で木星や土星を見たことがなかったんですね。木星に縞模様があるのも土星に輪があるのも知識として知っているだけだったので、望遠鏡で初めて見てめっちゃ感動しました。更に土星も見せてもらい、「本当に輪がある!」ことに衝撃(笑。少し雲があったけど、その他にも見えてる星を色々覗かせてもらえて、すごくいい体験をさせてもらいました。ありがとうございました!

夏休みの観望会は8月31日までやってますが、雨だと見られないのでお天気が問題ですね…。

帯状疱疹になった話

帯状疱疹になった話

最初は汗もか何かのかぶれかと思ってたんですよね…。でも市販の軟膏塗っても治らないし。どころか広がるし! どうも変なので皮膚科へ行ったら、

帯状疱疹

でしたっ。ストレスはなかったと思うけど疲れはあったのかなー。帯状疱疹は子どもの時にかかった水ぼうそうウイルスが体の中に潜んでいて、体力が落ちた時などに活性化して発症するものだそうです。犯人は水ぼうそうウイルスなので抗ウイルス薬でないと治りません。中高年になると出やすいそうなので、これも歳か…(^^;。

一般に痛みを伴うそうですが、私の場合は痛みはそれほどではなかった代わりに痒さが酷かった…。無理をせず休養しなさいとのことで、家で大人しくしてるだけのつまらない夏になりました。

幸い順調に回復してくれて生活も戻りましたが、疱疹の跡がなかなか消えません…完全に消えるには数ヶ月はかかるって、うおおー。服で見えない箇所だったので助かりましたが、顔とか手に出ると辛いですよね、これ。皆さんも怪しい赤みに気付いたら広がって悪化する前に皮膚科へ!

作品リストに「アリスの時間」をアップ

作品リストに「アリスの時間」アップしました。

思えば「竜宮」を考えていた時の派生ネタから「時の声」→「アリスの時間」と来て、1つの作品からずいぶん世界が広がったなあ。この広がりの中で無事、時間テーマ3部作を描くことが出来て自分でも楽しませてもらいました。


さて、この後ですが…。
ちょっと一休みしてから次の作品を考えたいと思います。アイデアはないことはないのですが、作品に出来るところまで形になってないので…。
次の作品がいつになるかは分かりませんが、漫画描きはこれからもずっと続けていきたいので、その時々に応じて描けるものを描いて行けたらいいなと思ってます。

次回作が決まったらまたここでお知らせします。
漫画の更新がない間でも気まぐれ雑記は時々描くと思うので、気が向いた時にでも覗いてもらえれば嬉しいです。

「アリスの時間」63~64頁アップ 完結!

「アリスの時間」更新、全64頁で完結しました!

ということで独自の理論での過去旅行作品でした。
「時間の底」という思いつきをやってみたかったのですが、登場人物たちも思ってたより濃いキャラになってくれて、SFアイデアだけでなくドラマとしても楽しんで描くことが出来ました。フェイクでしたがドラキュラっぽい雰囲気を描いてみることも出来て楽しかった。入れ歯ならぬ入れ牙まで仕込んで遊んでたな、おじいちゃん(笑。
第一次世界大戦を背景に取り入れたのも自分としては新しい試みでしたね。完全架空の世界を舞台にするのとは違う重みを味わいました。こういうのもいいな。

ところで、こういう話の場合、装置の証拠の類は全部なくなって残るは主人公の記憶のみ…になるのが定番だと思いますが、ラストでこの「記憶」に一捻り入れました。記憶を再現出来る能力を持った者ならあるいは…みたいな。ちょっと夢を持たせてみたかったんです。

読んで下さった皆様、ありがとうございました。
次週は作品リストに「アリスの時間」をアップする予定。
よろしくです。

全ログ一覧 ≫

閉じる

頁トップへ▲