NOTE / DIARY

サイト情報とか雑記とか。気まぐれ絵日記のログはこちらです。

New Images

「時の声」59~60頁アップ

「時の声」更新しました。

クライマックスの続きです。「時の声」もいよいよ残り2頁となりました。来週フィニッシュしますので、最後までお付き合い下されば嬉しいです。

未来へ飛ぶだけだったらSFにはよくある話だけど、そこにもう一つ展開を加えました。これでタイトルの意味が分かるようになっています。ナナミにとってこれはリアルタイムと同じ。

この作品、実は「竜宮」を考えていた時に派生したアイデア…いや、むしろ本当はこちらが本来描きたかった話だったのです。「時間に引き裂かれた恋人たち」というのをやってみたかったのですが、なかなか上手くいかなくて。それで形を変えて「竜宮」にしたのですが、自分の中に煮え切らない思いは残って…。今回、このアイデアを入れることで、やっと話をSFとしてまとめることが出来たので描いてみることにしたのです。

ただ、それでも最初のアイデアからしたら違う話になっているので、また少しあがいたりすることがあるかも知れませんが…(^^;、それはまたその時にということで、まずは来週のフィニッシュをお待ち下さいということで。

「時の声」57~58頁アップ

「時の声」更新しました。

時間をテーマにしたシリーズ…となってる時点で既に予想ついてた人もいるんじゃないかと思いますが、こういうことで。物理とかは難しいので、まだ分かってない部分に甘えちゃってますが、重力も時間を曲げるんですよね。ナナミの脱出ボートは光速だったわけではないので。この世界では人工的にワームホールを掘れる技術があるという設定なので、その辺をネタにした話も描いてみたいですが、さて…。


突然ですが、スター・ウォーズの劇場公開版を手に入れてしまいましたよぉ~。

たまたま検索してたら、もう入手は出来ないと諦めていた劇場公開版入りDVDがまだ買える(新品の在庫があった)ことに気付きまして! 迷ったけどBD出るかどうか分からないし、これも縁だっと思い切っちゃいました。なかなか時間が取れなくてまだ見てないんですけど、週末にでもじっくり鑑賞して懐かしさに浸ろうと思います。

「時の声」55~56頁アップ

「時の声」更新しました。

話も終盤に入り、解説・種明かし編に入ります。
ところで。実はフロスたちの世界はエクダやロイドと同じ時代・世界観になっているという設定です。これでエクダでケンイチやイチローおじさんがタイムラグなく地球へ行ったり来たり、シンが放浪からタイムラグなく戻ってこれた理由に説明がつきました!…って、他の話の中で解説することかい…(^^;。
その気になればキャラのクロスも出来そうですが(フロスとケンイチが会ったりとか)、今はそこまでは考えてないです…。


Amazonのアフィリエイトリンクを張るのに便利に使わせてもらっていたG-Toolsがいつの間にか閉鎖していました。これは地味にショック…。Amazonのバナー作成ページは重いのであまり使いたくなかったのに…。G-Toolsさんは軽くて画像もサイズいろいろ選べてよかったのに残念です。

閉鎖と言えば、Yahoo!ジオシティーズも来年の3月で終了しますね。最初にホームページを作ったniftyの@homepageが終了した時もショックでしたが、これもかなりの衝撃。「これだけはなくならない」と思っていたサービスがどんどん終わっていく…。時代の流れなんだろうけど、取り残され感が半端ない。寂しいです…。

「時の声」53~54頁アップ

「時の声」更新しました。

これで「ウケイがいるはずのない所にいた理由」も判明。
ナナミたちが逃げ込んだ小屋の地下に都合よく頑丈な扉があったのは、ウケイの人工飼育場への入り口だったからでした。

ちなみにセキュリティがザルなのが上院の体質なので、「あの扉を閉め忘れたのは誰だ?」と問うても「お前じゃない?」「いや、お前だろう?」てな感じで責任をなすりつけ合うだけでしょうねー。

上院の件は一件落着しましたが、ナナミの身元が判明した理由もこれから明らかになってきます。最後まで楽しみに読んでもらえれば嬉しいです。

「時の声」51~52頁アップ

「時の声」更新しました。

しばらく姿を見せなかったあの人が・・・
いいところで現れ、美味しいところを持って行く彼(笑。

そういうことで、トビーがナナミを逃がしたりウケイに襲われたりしていた間に彼が何をしていたのか…がこれから明らかになります。ええ、遊んでいたわけではなかったのですよ。

なお、彼が手にしている武器(らしきもの)には殺傷能力まではないという設定。野蛮な国ではないので。目くらましというか、一時的に動けなくするような、そんな感じですかね。

全ログ一覧 ≫

閉じる

頁トップへ▲